脇汗が臭くて困る・・・そもそも汗の臭いってなぜ発生するの?

両脇にびっしりと掻いた汗

 

春になって気温が上がってくると、冬の間はあまり目立たなかった汗の臭いが気になってきます。

 

わきがを気にしている人だと、汗の臭いにあの独特の臭いが加わってしまうため、憂鬱な季節になってしまいそうです。なぜ汗の臭いやわきがの臭いが発生してしまうのか、それについて説明していきましょう。

 

脇汗を抑える方法!おすすめの3アイテムはコレ!

 

脇汗の原因の汗自体は臭いがないもの

まず、人間が汗をかくのは体温調整のためです。気温が上がるなどの理由で体内に熱がため込まれると、これを放出するために体内から水分が放出されます。これが汗です。

 

その中でも、汗腺類が集中するのが脇の下です。ここには大きな血管があり、それに付随する重要な部分なのでしっかりとした体温コントロールが必要なんですね。

 

さて、汗は人間の皮膚にある汗腺から分泌されるのですが、この汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。

 

前者から分泌される汗がほぼ水分と塩分からなっているのに対し、アポクリン腺から分泌される汗にはそれ以外にも脂質やタンパク質、糖質などが含まれているという違いがあります。

 

こうした違いはあるものの、共通していることがあります。どちらから分泌される汗も、それ自体には臭いがなく、臭いの原因となる成分も含まれていないということです。

 

汗自体に臭いの成分が含まれていないことは、サウナルームにそれほど臭いがないことがその証拠となっています。サウナルームは汗をかくために内部が高温になっており、かいた汗が蒸発しやすくなっています。

 

もし汗そのものに臭いの成分が含まれているのでしたら、サウナルーム内は蒸発した汗で充満していますので、必然的に臭いの成分が充満してしまい、想像するだけでも大変なことになってしまっているでしょう。

 

しかし、実際にはサウナルーム内の臭いはそれほどではありません。汗そのものには臭いがなく、臭いの成分も含まれていないからです。

 

汗の臭いは細菌の繁殖が原因

でも、汗をかいた服を乾かすと臭いがするじゃないかと反論する人はいるでしょう。あの臭いはなぜ発生するのかといえば、実は汗を養分として繁殖する細菌が発するのです。

 

人間の肌には多くの細菌が付着していますが、汗の水分はこの増殖を助ける働きがあるのです。

 

また、エクリン腺から分泌される汗には栄養分はあまり含まれていませんが、皮膚の表面には古くなって剥がれ落ちた皮膚や皮脂、ほこりなどからなる垢が付着しています。これが細菌を繁殖させるための栄養分となってしまうのです。
実際、汗をかいたばかりの服の臭いをかいでみると、ほとんど臭いがしません。

 

乾かすことによって臭いが発生するため、汗の中に臭いの成分が含まれていると勘違いしてしまうのでしょうが、実際には服を着ることで皮膚の細菌が付着してしまい、乾くまでの間に服についた汗と垢によって細菌が繁殖してしまい、その細菌が発する臭いが服に付着して臭うようになるのです。

 

上で例として挙げたサウナルームで臭いが発生しない理由は、気温が高すぎて細菌の繁殖に適していないためです。細菌が繁殖しなければ臭いの成分を発生させることもなく、汗本来の無臭でいられるのです。

 

汗の臭いとされているものは、細菌が繁殖しやすい常温環境下でこそ発生するというわけです。

 

ちなみに、運動不足の人は汗が臭いといわれていますが、それは運動不足になると汗が細菌の繁殖に適したアルカリ性に傾いてしまうためです。

 

汗によって細菌の繁殖が促されてしまい、数が増えることによって臭いの成分が多く発生するため、臭いが強くなるという仕組みになっているのです。運動不足の人の汗に臭いの成分が含まれているわけではありません。

 

わきが独特の臭いは繁殖する細菌が違うため

では、わきが独特の臭いはなぜ発生するのでしょうか。

 

これはエクリン腺から分泌される汗と、アポクリン腺から分泌される汗では、繁殖する細菌が違ってくるからなのです。

 

上にも書きましたように、エクリン腺から分泌される汗は基本的に水分と塩分だけからなっていますが、アポクリン腺から分泌される汗には脂質やタンパク質などが含まれています。

 

つまり、エクリン腺から分泌される汗には栄養分があまりありませんが、アポクリン腺から分泌される汗には最初から細菌が繁殖するために必要な栄養分が含まれているのです。

 

エクリン腺からの汗では繁殖できない最近でも、アポクリン腺の汗なら繁殖が可能になってくるわけで、これが繁殖する細菌の違いになってきます。

 

具体的に書くと、わきがの臭いを発する細菌は「コリネバクテリウム」という皮膚の常在菌です。

 

この細菌はアポクリン腺の汗に含まれている脂質を栄養にして繁殖していくのですが、この菌が増えることによって独特の臭いが出てくるというのがわきがのメカニズムです。

 

あの臭いがわきの下から発生するのは、エクリン腺が体全体に散らばって存在しているのに対し、アポクリン腺はわきの下など特定の場所に集中していることに起因しています。

 

ちなみに、アポクリン腺の数は人によって異なります。わきがの人はこのアポクリン腺の数が多いため、必然的にアポクリン腺の汗が増え、コリネバクテリウムが繁殖しやすくなり、臭いもきつくなってしまうというわけです。

 

まとめ

繰り返し書きますが、汗そのものには臭いの成分は含まれていません。

 

臭いが発生するのは細菌が原因で、それはわきがについても同じなのです。汗もとんだ汚名を着せられてしまったもんだと、ちょっとだけ同情してしまうのはおかしいでしょうか。

 

脇汗を抑える方法!おすすめの3アイテムはコレ!