病院での脇汗治療って何をする?手術方法の種類や費用とは?

病院にいる白衣の医師

 

病院での脇汗に関する症状に対しての治療方法というのはたくさんの種類があります。

 

手軽に行うことができる薬物療法から体に負担がかかる覚悟が必要な手術まであります。

 

脇汗に関する病院での治療は絶対に手術を選択しなければならないわけではなくて、自分の症状にあったものを選択する必要があります。

 

脇汗の病院での治療について、手術についてお話ししていきます。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!

 

軽度の脇汗の症状ならば

脇汗の症状で病院を受診すると軽度の脇汗の症状ならば薬物治療をすすめられることが多いです。

 

使われる薬は「塩化アルミニウム液」の塗り薬や「プロバンサイン」の内服薬です。

 

塩化アルミニウムはティッシュやコットンなどに薬を含ませて気になる脇汗の気になる部位に塗ります。効果的には制汗剤です。

 

汗腺に蓋をすることで脇汗の分泌を抑えます。多汗症にもワキガにも効果があります。プロバンサインは抗コリン剤です。

 

体の内面から汗の分泌を抑えますが目や口の渇きやは排尿障害などの副作用が出る場合があります。

 

脇汗の悩みというのは精神的なことが深く関わっていることもあるので、精神面や自律神経に働く薬が使われる場合もあります。

 

手術ではない治療方法は

病院での治療で軽度や中度の脇汗の悩みには手術ではない治療を行われることもあります。

 

例えば、ボツリヌス菌を脇の下に注入することで発汗の命令をストップさせるボトックス注射です。手術まではいかないけれど、病院で行われてる脇汗には効果的な治療法です。

 

ただし、効果の持続が永久的に続くわけではなくて半年ほどで効果が消えてしまいます。

 

病院での脇汗に関する手術の種類

病院で行われている手術の種類はさまざまです。脇汗の手術の治療を行う病院は皮膚科は美容外科や形成外科などで行われています。

 

病院によって脇汗に関する治療方法には違いがあるので前もってよく調べてから行ってみましょう。

 

脇汗に関する手術は大きく分けると2種類に分かれます。「直接目で見る手術」を「直接目で見ない手術」です。

 

直接目で見る手術

剪除法(せんじょほう)という脇の下をメスで切開して皮膚を裏返して直接目で汗腺を確認しながら汗腺を除去していく手術です。

 

手術の中で一番効果が高い手術と言われているのがこの方法です。この手術は術後の回復までに時間がかかってしまうのと、目立つ手術の傷跡が残ってしまいます。

 

直接目で見ない手術

皮下組織吸引法という脇の下に小さな穴をあけてどっからカニューレを挿入して汗腺をかき出しながら吸い取っていく手術の方法です。

 

傷跡は目立たないのですが、直接目でみて汗腺を除去していないので汗腺の取り残しなどが起きて脇汗が改善されない場合や再発してしまうという問題もあります。

 

この手術は脂肪吸引などで用いられている方法と同じ原理になっていますね。

 

病院で行われる手術の費用

病院で行われる脇汗の手術の費用というのは、病院によっても手術によっても異なります。

 

脇汗の手術は症状と病院によっては保険が適用されるケースもあります。剪除法による脇汗の手術の費用は通常30万円から50万円ほどと言われています。

 

保険が適用されることがある手術なのでそのときは費用は変わってきます。美容外科などで行われることの多い皮下組織吸引法は保険が適用される手術ではありません。

 

病院によっても大きく金額は変わってきますが15万円以上はかかりそうです。

 

手術を受ける病院の選び方

脇汗の手術を受けると決めたのならば、手術を受ける病院選びも重要になってきます。

 

脇汗に関する手術の実績があって、医師もスタッフも信頼できる病院を見つけることが大切です。

 

脇汗の手術は必ず成功して脇汗の症状が完全に治るというわけではありません。

 

もしも効果がなかった場合や脇汗の悩みが再発してしまったときに、しっかりとアフターケアをしてくれる病院がおすすめです。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!