脇汗で黄ばみが出来た洋服はクリーニングで断られる?!

クリーニング店でのクリーニングの様子

 

脇汗が原因で起きる厄介なことの中に洋服にできる汗ジミの黄ばみがあります。

 

脇汗がついてすぐのときはただ濡れているだけで汚れは何もないのですが、乾いてくると黄ばみがはっきりしてきます。

 

脇汗による黄ばみのついた洋服をクリーニング店に出そうとすると断られる場合もあります。

 

それて言葉を変えて言い換えると「脇汗の黄ばみは落とせない」ということにもなります。

 

脇汗の黄ばみは放置すればするほど落ちにくくなってしまいます。そこで脇汗の黄ばみの落とし方を紹介していきます。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!

 

脇汗で黄ばみができる原因

汗というのは全身からかいているのに、なぜ脇汗の部分だけ黄ばみができてしまうのでしょうか。

 

人間の汗腺はエクリン腺とアポクリン腺という二つに分類されます。エクリン腺というのは体温調節をする全身にある汗腺です。

 

アポクリン腺というのはワキガの原因となる汗腺で、脇の下、乳首、陰部、耳の中などの特定の部分だけに存在する汗腺です。

 

脇汗の黄ばみにはこのアポクリン腺が大きく関わっています。エクリン腺から分泌される汗は無色透明です。

 

しかしアポクリン腺から分泌される汗には、タンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれていて「リポフチン」という色素成分が含まれています。

 

これが黄ばみを作る原因になるのです。アポクリン腺の数の多いワキガ体質の人ほど脇汗による黄ばみは起こりやすいです。

 

ワキガの臭いも汗ジミによる黄ばみも予防するために、こまめに脇汗は拭き取っていきましょう。

 

しかし、もしも脇汗による黄ばみができてしまったらどうしたら良いのでしょうか

 

洗濯で脇汗の黄ばみを落とすなら

脇汗の黄ばみはクリーニングに出さないと落ちないというものではなりません。

 

むしろ、クリーニングに出しても落ちないという場合もあります。黄ばみは自宅でも落とすことができます。

 

脇汗の黄ばみというのは普通に洗濯しても落ちません。長い時間放置している黄ばみはなおさら落ちません。

 

だからクリーング店に断られるということもあるんですよね。逆にクリーニング店によっては、脇汗に対したサービスを行っているところもあります。

 

脇汗で黄ばみが出来てしまった場合は、一刻も早く脇汗による黄ばみは落としていくようにしましょう。

 

黄ばみを落とす方法

用意するものは40?50度のお湯、酸素系漂白剤、重曹の3つです。漂白剤は塩素系ではなくて酸素系の漂白剤を使用します。

 

たまに重曹の使用が出来ない洗濯機などもあるので必ず洗濯機の取り扱い説明書を見てから使用しましょう。では黄ばみを落とす方法を紹介します。

 

黄ばみがひどい部分に重曹をもみこみます

 

40〜50度のお湯に酸素系漂白剤を入れて重曹をもみこんである衣類を浸します
一晩つけ置きします

 

翌日に液ごと洗濯機に入れて洗濯洗剤を入れて通常通りに洗濯をします

一晩おくことで、汚れがうきあがってきて黄ばみを落とすことができます。

 

漂白剤でつけ置きをしておくときに差し湯をして温度を下げないことで洗浄効果がアップします。

 

重曹までの効果はありませんが、食器用洗剤を黄ばみにかけることで汚れは浮き上がることもあります。食器用洗剤を使うときも重曹と同様、その後に漂白剤でつけ置きをします。

 

注意が必要な衣類の素材

脇汗による黄ばみが出来てしまっている衣類の素材がシルクだった場合はアルカリ性の強い漂白剤を使うことで繊維が溶けてしまうので注意が必要です。

 

麻の場合も色落ちしやすい存在なので注意が必要になります。まずは酸素系漂白剤にはアルカリ性と酸性のものがあるということを知りましょう。

 

使うのは当然、酸性のものになります。重曹はアルカリ性のものなので使えません。

 

シルクや麻の素材の場合はクリーニング店でも断られることが多いですが、専門的に黄ばみの汗ジミをクリーニングするお店もあります。

 

お家で洗濯してみて、落ちないときは専門的なクリーニング店を探して依頼をしてみましょう

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!