家庭用のわき脱毛器の種類とメリット・デメリットまとめ

家庭用わき脱毛器を脇に当てる女性

 

かつてわき脱毛機といえば医療機関やエステに設置されているもので、家でのわき毛処理はシェーバーによるものが主流でした。

 

ところが、最近では家庭用の光脱毛機やレーザー脱毛機が発売され、ある程度永続性のある効果が得られるとして人気になっています。

 

家庭用のわき脱毛機にはどのような種類があるのか、どのような人にオススメなのかについて説明していきましょう。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!

 

レーザー式のメリット、デメリット

基本的には医療機関で行われているレーザー脱毛と同じで、家庭用にレーザー光線の出力を弱めています。

 

レーザー光線には黒い色素に反応する性質があるため、これを利用して毛根のメラニン色素にレーザー光線を照射し、それによって発生する熱で毛乳頭を焼いてしまうというものです。

 

メリットは、家庭用脱毛機の中では比較的効果が高いことです。

 

実際、医療機関でレーザー脱毛が行われているのはその効果の高さが理由なのです。効果が高いため永続性も高く、一度脱毛を行えばそう簡単には生えてこなくなるのもメリットといっていいでしょう。

 

デメリットは毛根を焼くという構造上、どうしても痛みを感じてしまうことです。

 

そして、上にも書きましたように、効果の方は医療機関のものと比較するとどうしても小さくなります。

 

このため、何度も脱毛を行うことになり、そのたびに痛みを我慢しなくてはならなくなるのです。

 

また、最近はコストが落ちてきたとはいえ、メジャーな機種だと5万円前後と安くないのもデメリットといっていいかもしれません。

 

フラッシュ式のメリット、デメリット

こちらエステで行われている光脱毛と同じもので、家庭用に出力を落としてあります。カメラのフラッシュのような光を当てることで毛根に熱が生じ、これによって毛が弱って抜けていくというものです。

 

メリットは、レーザー式と比較して痛みが小さいことです。

 

これはレーザー光線が狭い範囲に照射されるのでダメージが大きいのに対し、フラッシュ式は広い範囲なのでダメージが和らげられるためです。

 

永続性の方もレーザー式には劣りますが、まずまずといっていいでしょう。

 

デメリットは、ダメージが小さい分、効果の方はレーザー脱毛機に劣っているということです。

 

このため、レーザー式以上の回数が必要になってくるのですが、このときに脱毛用カートリッジの交換をしなくてはならないという問題が出てきます。

 

脱毛機自体もメジャーなものだと7万円と結構するのですが、これにカートリッジ代が加わるので、コスト面では最もデメリットが大きいといっていいでしょう。

 

サーミコン式と泡式のメリット、デメリット

サーミコン式は熱線を利用してわき毛を焼き切るもので、泡式は泡を肌の表面に塗布して柔らかくしたうえでわき毛を抜き取るものです。

 

いずれもレーザー式やフラッシュ式のように毛根を焼いてしまうわけではないので、厳密には脱毛機とはいえないかもしれません。

 

メリットは、機器のコストです。いずれも1万円を切っておりますので、手軽に脱毛したいという人にとってはオススメといえるでしょう。

 

デメリットは上にも書きましたように、毛根を焼くわけではありませんので、永続性がないことです。

 

「厳密には脱毛機とはいえない」と書いたのはそのためです。高機能なシェーバーや毛抜きと考えた方がいいかもしれません。

 

また、サーミコン式はわき毛に熱を加える際に痛みが生じる可能性があります。

 

泡式も脇の下の皮膚を柔らかくしているとはいえ、毛を抜く際にはどうしても痛みが生じてしまいます。

 

何度も書きますがいずれも永続性がないため、何度も施術を行わなければならず、そのたびに痛みを感じてしまうのは大きなデメリットといってもいいのではないでしょうか。

 

家庭用わき脱毛機はどんな人にオススメか

家庭用わき脱毛機は業務用と比較すると効果は小さいうえに、レーザー式やフラッシュ式の場合は購入費用もかかってしまいます。

 

コスト面を考えるならば、エステのわき脱毛の中には1000円を切るものもありますので、レーザー式やフラッシュ式と比較すると有利だといっていいかもしれません。

 

ただ、誰もが医療機関やエステに通う時間があるわけではありません。

 

特にエステの光脱毛は医療機関ほどの効果がありませんので、長期にわたって通うことになってしまいます。

 

しかも、施術のために予約を取る必要がありますので、これは社会人にとってはなかなか厳しいものがあります。

 

その点、家庭用脱毛機の場合は、購入してしまえば好きな時間に脱毛を行うことができるのです。

 

しかも、予約を取る必要がないため、集中的に脱毛機を使用すれば短期間で脱毛を完了してしまうこともできるのです。

 

レーザー式やフラッシュ式ならば、ある程度の永続性も期待できます。多忙な人にとっては、これは大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

「一億総活躍」のキャッチフレーズのもと、女性の社会進出が奨励される現在、多忙になるのはある程度仕方のないことです。

 

そんな忙しい女性にこそ、家庭用わき脱毛機がオススメなのです。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!