脇汗治療にボトックス注射すると費用はどのくらい?保険適用は?

注射器

 

脇汗の悩みというのはさまざまなものがあります。ワキガだったり多汗症だったりと困ってしまうものです。

 

あまりにも深刻な症状の場合は脇汗の悩みで医療機関を受診して治療を受けたほうが良い場合もあります。

 

脇汗の治療の中でもボトックスに関してお話ししていきます。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!

 

脇汗治療にボトックス注射

2012年からボトックスによる治療は重度の多汗症に対してのみ保険適用となりました。

 

なので自由診療と比べると保険適用のほうがもちろん費用は安くなります。多汗症というのは生活に支障に出るほどにあることもあるのです。

 

そもそもボトックスって何?ボトックスって美容で使われる肌に良いやつではないの?と思う人もたくさんいるかと思います。

 

ボトックスの治療とは注射でボツリヌストキシンを体に打つことで交感神経からの汗を分泌させる信号をストップさせるものです。

 

ボトックスを受けることで脇汗を抑えることができて快適な生活を送れるようになったという人はたくさんいます。

 

ボトックスは肌への美容効果だけではなくて脇汗を止めることができるので多汗症やワキガの治療にも使われることがあるのです。

 

ボトックスの保険適用の診断

多汗症での治療の際のボトックス注射は保険が適用されることがあります。

 

保険適用となるともちろん費用は安くはなります。保険適用となる判断の基準は、「特別な原因がないのに生活の支障になるほどの脇汗の症状の病気」であると判断されることです。

 

保険が適用される場合の脇汗の病名は原発性腋窩多汗症です。

 

ボトックスで保険適用になるほどの脇汗は腕まで垂れてしまったり、汗ジミがすぐにできてしまったりという状態です。

 

何か病気が原因などで脇汗が多くなっている場合はボトックスで保険適用はされません。

 

脇汗治療にボトックス注射を受ける流れ

ボトックスの保険適用の治療をしているのは限られた形成外科や美容外科のみです。

 

保険適用の脇汗に対する治療を行っていないクリニックもたくさんあります。

 

自由診療のボトックスは色々なところで行われていると思います。ボトックスの注射を受ける流れを紹介します。

 

カウンセリングをする

症状のことや、希望する治療などの話をしましょう。もちろん保険適用なのか費用はいくらくらいなのか、などの話もしましょう。

 

疑問に思ったことや分からないことは何でも相談してみましょう。

 

麻酔クリームを塗る

カウンセリングが終わってボトックスの治療をするときに、ボトックス注射の痛みを和らげるための麻酔クリームを塗ります。

 

ここで大切なことは保険適用のボトックスでは、この麻酔クリームを塗るという過程がありません。

 

費用は高いけど自由診療の良いところはたくさんあるんです。ボトックスの注射はかなり痛いものなのです。

 

ボトックス注射をする

麻酔のクリームが効くのを待って治療を始めます。ベッドで仰向けになって腕を上げます。

 

どこに注射を打っていくのかをペンでしるしをつけます。そして注射を打っていきます。ボトックス注射は50箇所ほどに打ち込んでいきます。

 

保険適用の際は気合が必要になりそうです。費用は安く済んでもデメリットもあるということですね。

 

ボトックス注射の終了

ボトックスの治療が終わると少し脇の下が腫れぼったかったり赤くなってしまっていることもあります。

 

3,4日くらいたつと脇汗が徐々に少なくなってきます。

 

保険適用と自由診療の違い

ボトックス注射の前の麻酔クリームにしてもそうですが、保険適用と自由診療では異なる点があります。

 

まずは、大きく変わってくるのが費用ですね。自由診療で9万円くらいなら、保険適用で3万円くらいのところが多いです。

 

費用が安いほうがよさそうな気もしますが、自由診療にはメリットがあります。自由診療で使われるボトックスの量には決まりがないので、症状や体型に合わせて量が選択できます。

 

もしも効果が出なかった場合でもアフターフォローがあるところが多いです。

 

しかし、保険適用となるとボトックスの量は決まっていて効果が出なかったとしても何も保証はないのです。

 

保険適用は良いことばかりではないんですね。

 

脇汗を抑えるクリームのランキングベスト3を大公開!!